何気なくない普段の出来事(ナニデキ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の京都旅行2015 (2日目・中編)

<<   作成日時 : 2015/11/11 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

京都市内ビンゴゲームは後半戦に突入。
美味しい物を食べながら、いよいよ嵐山へ。
しかし、リーチも乏しいまま遂に日没に!


(※ この記事は、前記事の続きです。前記事は → こちら



――「(7) 大福を食べる」

海鮮丼という、昼から贅沢なものを食べたところで。
午後最初のミッションは、大福を食べる。


これは出町ふたばの大福なのだが、どうやら高島屋の地下にもあるらしいということで、高島屋へ行くことに。


デパ地下……久々に来たな。
あと、どうでも良いんだけど「いよてつ高島屋」以外の高島屋は初めてや。


平日の昼間ということもあってか、年配の女性が多い。
ただ、さほど並ぶこともなくお目当ての豆大福は購入できた。

それがこちら。

画像


ふむ……
甘いあんこに、この絶妙な塩加減!合うね!!


海鮮丼の後に豆大福とは、なかなかの満腹感を味わっているわけだが、

ここで次のクジだ。もうそろそろ食べ物ミッションはいいぞ。












――「(16) 食べログ3.5以上の店へ行く」

食べ物系ミッション出た〜〜〜(;´∀`)


ひとまず文明の利器「スマートフォン」を使って周辺のお店を調べる。

が、なかなかこのお腹の状態に合う(つまりは軽食とかデザートとかの)お店は見つからない。
むしろ料亭とか、見るからに予算が一気にぶっ飛びそうなお店が引っかかる。

そんな中、10分ほど経った時のこと。

オレは気づいてしまった。


『……店へ“行く”だから、店に入らなくても外から見た時点でクリアなんじゃね?』

「「「っっ!」」」


ちょっと卑怯だと思われるかもしれないが、実は前日の準備でこの話は出ていた。
当初は店に入って食べるところまでを想定していたのだが、他に食べ物系ミッションも多くあるし、「ああ、こういう店なんだー」ってだけでも良いんじゃないか、ということになっていたのだ。


……4人とも忘れていた(汗





というわけで、高島屋から地上に出て少し歩き、とある料亭の外装を見てクリアとした。














さて、ここでビンゴの状況を見てみよう。

画像
9つのミッションをこなしたところで、未だリーチは発生せず。
センターの嵐山が開いていないのが、ゲーム的にも観光的にも痛いところだな(笑


そんな中次に引いたのは、

――「(11) 聖地に行く」

ドラマやアニメなど、何かの舞台になった場所も多い京都。
先程の豆大福を作っているところも、「たまこまーけっと」で有名だが、

ここから近いとなると、アニメ「けいおん!」でよく登場した楽器屋のある三条名店街。
なかなか、効率よく周回できているぞ。



そういえば、けいおんのアニメが放送されてからもう5年以上経っているんだね。

最初は2期が始まるあたりに、高校の友達から勧められて1期を見始めたものだ。
それで当時(今もかな?)としては珍しく、2期は全国ネットで放送されていて、リアルタイムで見ていたなぁ。

まだツイッターもあまり普及していない頃だから、次の日に学校で友達と感想を語り合ったものだ。


あ、ツイッターと言えば。
画像

アイコンにしている時計と、久々の再会である!

知っている方もいるかもしれないけど、私のツイッターのアイコンになっている時計は、実はこちらの商店街の時計なのですよ。

今回せっかく写真を撮っていたので、その写真をトリミングして、この間から古いものと差し替えて使っています。




この後は、(15) 行列を見つける(5人以上)を引き、人の多そうな祇園方向へ歩いて行く途中に、外国人数十人の長い列を見つけ、クリア。

くじ引きはオレの番になり、未だ「琵琶湖に行く」が出ていないことに少しビクビクしながらも、
引いたクジは「(24) コロッケを食す」

また食べ物……ッ!!

ただ、この後二条駅方面へ移動して、お肉屋さんで買って食べたコロッケが旨かったんだよな。



少しご無沙汰だった市バスに乗り、二条駅周辺へ。
京都の友達によると、お肉屋さんで売っているコロッケが美味いらしい。


時刻は14時前。お肉屋さんのコロッケを購入。

大きさや厚さは一般的な、縦およそ10cmの楕円形。


だが、やはり出来立てのコロッケ。


――シャクッッ


衣がサクサク!そして、種に使われている玉ねぎのみじん切り!これが甘さを引き立てている。
イモはホクホクで、ひき肉はさすがお肉屋さん。肉の旨味、程よく滲み出る肉汁も良いのぅ……。



んぁあああ思い出したらお腹が空いてきたッッッ!!











このあとは、「(21) ポストを探す」のミッション。

しかし、

「あ、あの娘可愛いんじゃね?」

「顔を!顔を見せてくれ!(後ろ姿を眺めながら)」

ミッションそっちのけで女性を眺める友達2人。
女性の方は気づいていないようだが……、そのまま顔を見せることはなく立ち去っていった。

さて、それじゃあポストを見つけ


「追うぞ!(コソコソコソ)」

「おう!(コソコソコソ)」


おう!じゃねえよ!コソコソ付いて行くな…………っ!


『ほ……、本当に行っちゃった』


取り残された2人は、とりあえず走っていく男2人の後ろ姿を眺めながら歩いていく。
京都が碁盤の目で良かった。これなら2人を見失わないだろう。


しばらくすると、男2人が手でバツのジェスチャーを送ってきた。
どうやらそっちにはポストが無いのだろうか。


「(タッタッタ)……女の子どっか行った」


そっちかよ!ポストはよ!



ちなみにこの後、

「あ、あれポストじゃね?」
画像

案外すぐに見つかったのであった。
(正直この段階ではポストだと断定できなかったのだが、近寄ってみると、二条駅にある確かにポストでした。)










――「(13) 嵐山へ行く」

ようやく出た!ビンゴのセンターミッション!!

市バスを使い二条駅から嵐山へ。
これまでとは違い、少し距離があるのでバスの中ではウトウトしてしまった。

まあ、バスの距離もあるけど、歩いた距離も結構あるからね。





出発から30分、

画像


嵐山に到着!夕日が眩しい!まともに逆光!!

紅葉はというと、緑と黄色が混ざっている程度。
まだ少し紅葉狩りには早かったかな。

画像


山の表面をズームして撮ってみると、こんな感じだ。

色づいている部分もありますね。
もう1週間くらい後だったら、ちょうど見頃だったかもしれない。惜しいな!




さて、この時点でミッションは一応クリアなのだが。
せっかく来たということで、散策してみることに。

その前におやつが食べたいなぁ……

と、ここでいきなりの「ジェラートチャンス」!
今回のビンゴでは「食べ物を食べてはいけない」というルールがあるが、なんとこのチャンスに成功すれば食べ物が食べられるという超救済措置!

ルールは簡単!4人でジャンケンをし、全員が同じ手(異手のあいこは不可)になればクリア!全員の気持ちを1つに出来るかどうかがクリアの決め手だ!


しかしこのチャンスが成功する確率は、27分の1。果たして……


   「「「「ジャンケンぽん!あいこでしょ!あいこでしょ…………!!」」」」


……!全員、同じ、手!
「ジェラートチャンス」見事成功である!!



というわけで、ジェラートの国際大会で上位入賞したことがあるという、渡月橋前のお店へ。

季節感を味わうべく、オレは栗チョコチップを食べた。
栗の甘さにチョコチップの甘さにジェラート本体の甘さに……甘いもの好きで良かった!


ちなみに4人のうち、隣で食べているヤツのチョコレートが大変濃厚でビター感もあり、こちらも個人的に気になったのであった。
……なかなか茶色というよりは焦げ茶、ダークブラウン……見た目にも重厚感ある色をしていた。




糖分補給を終え、嵐山散策。
まずは渡月橋を渡る。着物の若い女性もいてとても風情があるのぅ。


対岸からも撮影。

画像




この後、嵐山の竹林も散策。

画像


それにしてもこんなにのんびりしてて良いのかな……。

散策を終え、バスに乗る頃には既に4時。
さっきまで眩しかった太陽も山の向こう側に隠れていた。


ここから、急いで次のミッションをこなすべく北野天満宮へ。









画像
――「(1) 北野天満宮で頭良いこと(を言う)」

ようやくリーチも増えてきたのだが、北野天満宮に着く頃には遂に日没を迎えてしまった。
このままだとクリアするのは一体何時に……?午前の余裕はどこへ!

ひとまず、この北野天満宮で「頭の良い言葉を言う」ことに。
撫でると頭が良くなるという「撫で牛」の頭を撫でた後、各々の専攻で習うそれっぽい単語を口にするのだ。

そんなわけでミッション自体はさっくりとクリア。


問題は次、どのミッションを……というか、それによって何処に行かなければならなくなるか、である。

しかもこのタイミングでオレが、兄に運を全て吸い取られてしまったこのオレが、引くという……。


さらに、お気付きだろうか。まだあの湖が出ていない。
……そう!まだ琵琶湖が残っているのだ!

「琵琶湖だけは……えいっ!」








――「(22) 伏見稲荷に行く」

ん……?ここって確か……。


「真南じゃねえかーーーー!!!」

やってしまった!メッチャ南下せんといかん!!

距離はざっと10km。
さすがに直通のバスが無いので、一旦京都駅へ。


午後6時。京都駅のバスターミナルに着くと、ちょうど目の前に乗り換る予定のバスが。
おお、これは運が良――


(ブロロロロ…………)


「ああっ!待って!」

追いかける間もなく目の前でバスが出発してしまった……。

まあこれは仕方ない。次のバスまで1時間待つことにし――

「ん?」

友達が疑問に思い見つめている先を追ってみると、さっきのバスだ。
大きいバスターミナルの中をグルっと周りながら駅の外の道路へ出ようとしている。


ここで友達は気づいてしまった。

「……もしかしたら、次のバス停に急げば間に合うんじゃね?」



    ((((ダッ!!))))



その瞬間、走り出していた。

間に合うか――!?











(次の記事へ続く……)
すみません後編じゃなくて中編になってしまいました(汗


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Twitter

秋の京都旅行2015 (2日目・中編) 何気なくない普段の出来事(ナニデキ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる