何気なくない普段の出来事(ナニデキ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 大学生活最後のバイト

<<   作成日時 : 2016/02/28 21:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

一昨年から始めたバイトも、ついに今日で最後。
有終の美を飾るにふさわしい、お客さんの多い1日。
帰り際にはお土産も頂き、仲の良いバイトの後輩と写真も撮れて……綺麗な、締めくくりでした。




明日引っ越すということで、バイトもついに今日が最後。

一昨年のGWから、毎週日曜日(の天気の良い日)にやってきた牧場のアルバイト。


画像




今日も、いつもの担当場所である外のテントで、炭焼きとうどんの販売。

牧場のような高地にある観光地ともなると、冬の寒い期間はなかなかお客さんに恵まれないのが普通なのだが、


今日は結構多くて忙しかった!この時期としてはなかなかの売り上げだったようだ。
有終の美を飾るにふさわしい売り上げになったかな?



朝のテント設営から、うどんの販売、時たま炭焼きの手伝いを行い、夕方の片付けまで、
お客さんが多かったこと以外については、いつも通りに坦々と仕事していた。


忙しかったせいもあるかもしれないけど、あんまり仕事中は「今日が最後」って感慨に浸るようなことは無かったな。

終業時刻の時点では、普通にバイトが終わった感覚だった。





ただ、その後バイトの皆と、勤務記録をしている時ですね。

このバイト先には本当にお世話になったので、お礼の気持ちを込めて一応ちょっとしたお菓子を1箱、近所のお菓子屋さんから買ってきていたので、それを皆さんに渡した。

喜んでくれて良かったんだけど、ビックリしたのはこの後。



部署の責任者である社員さんが急に出て行ったかと思ったら、


「これ、良かったら食べて」


これは……、牧場特製のバターケーキ……!!


『い、いっいい、良いんですか!?』

ビックリした……。まさかこんな物を頂けるとは……。
ちょっと申し訳無い気もしたが、ご厚意に甘えてしっかり頂くことにした。




しかし、嬉しいことにこれだけじゃ無かった。

フードコートの皆さんとお別れした後、給料を受け取りに事務所へ行ったら、


「これは今日の売れ残りで……、こちらは、両親にぜひ」


バイトを始めた時から一番お世話になっていた部長さんから、地元の有名なお酒まで頂いてしまった。

こんな、このような……おおお……なんと、まあ。



実は、バイト初日に一番初めに一緒に仕事をしたのが部長さんなのである。
それ以来、恐らく一番関わった社員さんなのではないかと。一番お世話になったかな。


……ってか、

今さら思ったけど、バイトというランクから見ればとてつもなく上の御方だよな……(汗)








そして最後、帰る前には一緒にバイトに入っていた後輩たち2人、テントの男の子とフードコートの女の子と写真を撮影!

画像


画像


他のバイトの子たちと比べると関わった期間が長いので、その2人とは結構仲良くやってる。
その分ちょっと寂しいが……まあでもこの最終日に一緒にバイトできて良かった。



本当はあともう1人、一番長い期間一緒にバイトをしていた後輩がいるんだけど、あいにく今日はお休みだったようだ。残念……。


テントでの販売をするバイトの人はだいたい決まって、オレと、その後輩と、今日一緒だった男の子の3人が入ることが多く、いわばレギュラーメンバーなのである。


って、そうか……レギュラーメンバーが1人減ってしまうんだな。

後輩を紹介出来なかったのが申し訳ない(;´∀`)


とりあえず後のことは、その2人に託しましょう。








そんなわけで、大学3年のGWから始めたバイトは、今日無事に終了しました。

実のところ最初は、「GWは帰省できないし、ちょっと短期バイトでもやってみるか」と思って学校の掲示板で求人を見つけたのがキッカケで、GWが終わったらバイトも終わり、のつもりだった。


だけど、社員さんから「今度の日曜もお願いできる?」と言われ、GWという短期間でありながら思ったよりバイトに馴染めたこともあって、次の日曜も出勤。

とか何とかしているうちに、いつの間にかバイトの常連になってしまっていたのだ。
そのままずーっと続いてって、今日ですよ。




思い返せば、バイト初日に「レジでお客さんの注文を取ってくれ」「お客さんが前を通りかかったら『いらっしゃいませ』とあいさつしましょう」などといった、今では当然のようにやっている仕事も、最初は

「えっ、接客するのか……」

とまあ、当時のオレは見ず知らずの人と話したり接したりすることに苦手意識があったものだから、かなり緊張していた。



その苦手意識がぶっ飛んだのが、このバイトだったね。
初日を終えた段階で、「あれ?オレ……意外と接客も、できなくは、無いのか?」という錯覚に陥り、
GWを終えてみれば、錯覚どころか事実だった。苦手意識があっただけで、別に苦手では無かったのだ。


これ以外にも、「目上の人との接し方(社員さんとの協力より)」「短気なお客さんに出くわしたときに如何になだめながら接するか(接客より)」「炭の焚べ方(炭焼きの手伝いより)」「解けにくい紐の結び方(テントの設営より)」、などなど……

本当に数多くの新しい引き出しを開けて頂いた気がするね。








いやー、本当綺麗な最終日だった気がする。
お客さんも多かったし、お土産はたくさん頂いたし、仲の良いバイトの後輩と写真も撮れたし。


冗談抜きで、「夢みたいに綺麗で泣けちゃうな」、ですね(笑




いろいろと込み上げてくるものはあるけど、ひとまず感謝の思いでいっぱい。


本当にお世話になりました――。

















あとがき。


個人的には、会社が長い休みの時とか、何かの用事で九州へ戻ってくることがあったら、またバイト先に寄ろうかなって思ってる。

次に行った時は、果たして今の後輩たちはどんな感じになっているのか……楽しみだな( ´∀`)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Twitter

大学生活最後のバイト 何気なくない普段の出来事(ナニデキ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる