何気なくない普段の出来事(ナニデキ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 九州1周ドライブ(2日目)

<<   作成日時 : 2016/03/02 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

九州1周旅行2日目は、昼前まで佐世保で過ごし、熊本の阿蘇方面へ。
途中の佐賀では旅の休息。
温泉に浸かるなどして、今日1日は全体的にのんびりとした旅となった。


昨日は佐世保の弓張岳展望台で車中で夜を明かし、2日目。

思ったほど寝付きも悪くなく、7時半には目が覚めた。
今日も天気は良さそう。

3人が起き、身支度が済んだところで、今日の目的地を決める。

結果、今日は最終的に阿蘇へ向かうことになった。




● 本土最西端 神崎鼻公園 (長崎県佐世保市)

本日はまず、本土最西端がある佐世保市小佐々町の神崎鼻公園へ。

昨日は宮崎の友達が1日運転したので、今日の運転はオレが行うことになった。
知らない道を走るってのは怖い反面、ワクワクもする。
2つのドキドキを感じながら、神崎鼻公園へ向かった。



駐車場に着くと、さすがに誰もおらず4箇所の駐車スペース全てが空いていた。これはバック駐車の練習チャンス!
当然ながら、オレは車を持っていないペーパードライバーなので、まだバック駐車に慣れていないのだ。

両側ガラ空きで、擦る心配のないスペースに早速挑戦!

……しかしながら、やはり1発では停められない。
1度切り返して、とりあえず駐車完了。


しかし降りてみると、

「……斜めだな」
「最後ハンドルを回さなければバッチリだったのに」
「いやー、斜めになっているような気がしたから……」

一応枠内には停まっているものの、若干斜めだし、何より右側の白線を少し踏みかけている。かなり、右寄りだ……!


今回はガラ空きだったが、今後はこのような楽に停められるスペースばかりとは限らない。果たして大丈夫なのだろうか。







それはともかく、

画像


駐車場から遊歩道を歩いて行き、本土最西端へ到着!
奥に見えるは東シナ海。この向こうには離島以外の日本の領土は無いのである!

少し霞んでいたが、天気が良いと五島列島も見えるそうな。

そういえば五島といえば、蒼の彼方のフォーリズムの四島列島のモデルですね。
あおかなはアニメ化もされて、まさに今期放送中……なのだが、テレ東が映らんから観れぬ!(仕方なく、ニコ動の公式配信で観てます)


それにしてもこのモニュメントで撮った写真……背後霊かオレは。
実はこの他にも2枚撮ったのだが、1つとして真面目な写真を撮っていなかったことに、後で気づいたのであった。









● 朝食、佐世保バーガーを喰らう!(長崎県佐世保市)

画像

ドーーーーーーン!!!!

佐世保といえばやはりバーガーですね!

今回訪れたのは「ログ・キット」という佐世保バーガーのお店。
佐世保中央インター入口のすぐ側。


ポテトとドリンクがセットメニューを注文。
ドリンクはやはり、コーラ。個人的にはバーガーのドリンクといえばコーラのイメージが強いのですよ。



上の写真の通り、窓際の座席に座って待つこと5分。
後ろから店員さんがやってきて、ホカホカのバーガーがテーブルに置かれた。
そして、次の店員さんの言葉がなかなか衝撃だった。


「大きいので上から潰してお召し上がりください」


ふと脳裏に浮かんだのは映画『ベートーベン』(2だったかな?)のハンバーガーの大食いシーン。
バーガーを上下からバンッ!バンッ!と叩いて潰しながら口にねじ込む、あの光景が浮かんだ。

ちなみにこの「バンッ!バンッ!」という擬音から、挟んでいるパンのことを「バンズ」と言うようになったのである(←ウソです



さすがにバンッ!バンッ!とはしなかったけど、確かにそのままではとてもとても口には収まりきらないサイズなので、言われた通り潰してから食べた。

ふむふむ……(むしゃむしゃ)


ほう…………


……うっ!




「…………うまい!!」


うまい!朝からガッツリの軽食(言葉が矛盾しているがそういうこと)だが、これはうまい!
挟んである具は、ベーコン、エッグ、ハンバーグ、チーズ、レタス、トマト、オニオンと、いわば「全部入り」って感じなのだが、
互いにそれらの具同士が喧嘩しあうのかというと、そうではなく、うまくバランスがとれている。

なにより口に入れて最初に噛んだ瞬間の、バンズの「サクッ」という食感。
小麦の香りが広がったかと思った瞬間、今度は上からレタスとオニオンのシャキッとした食感、それと同時に下からは肉や卵のガツンとくるジューシーなな味わい……
そして広がるケチャップの甘酸っぱさとペッパーの少しピリッとした辛さ――

これは、間違いなくオレが今までで食べた中でナンバー1のバーガーですね!


そして、グイッとコーラを飲むわけですよ。
なるほど、このガツンとしたバーガーの後に飲むコーラ……これはスカっと爽やかですわ。


箸(?)休めにポテトをつまみながら、眼下の交差点とその奥の基地を眺めながら朝食を進めていく……。
店内の雰囲気と相まって、窓際の星条旗がよりアメリカンな雰囲気に仕立ててますね。


っとと……食レポしてる場合じゃないですね。
簡潔にまとめないと、この調子じゃまた長文ブログの出来上がりですね(;´∀`)

画像

ごちそうさまでした!









● しばらくドライブ(佐世保〜佐賀)

朝食を済ませ、次に向かうのはハウステンボス。

ただ、時間と旅費の都合上、中に入るのではなく外からパーッと眺めるだけに留めた。
こういったテーマパークみたいな場所はやはり、丸1日使わないと遊びきれないしねぇ。


パーッと眺め、少し休憩していると友達が、

「カステラ買うの忘れてたな」

「『!!』」

長崎……!なぜ、カステラを忘れていた……!!



この時点で時刻は正午ごろ。
今日の目的地は熊本の阿蘇ということで、昨日来た道を戻るのが一番近い(高速を使わない場合)のだが、「九州1周」という目的を果たすには、やはり佐賀県を通っておかないといけない。

というわけで、長崎市へ南下せず、佐世保市内へ一旦戻ってカステラを買うことにした。


友達が調べた結果、昨日と同じ商店街にある「松月堂」へ行くことに。

試食を少し頂いたところ、やはりこう、なんていうか……密度が違うね!(もっと良い表現方法はないのか)
この試食の後、ここでカステラを買うことに決めたんだけど、商品を受け取った時のズッシリ感が凄い。

そこいらのパサパサの安物カステラとは明らかに違うわ……。


画像


ちなみに3人全員が購入したこともあってか、カステラの切れ端をサービスで頂いた。
ちょうど昼時で小腹が空いていたタイミング。
しかも、カステラの……切れっ端!一番美味しいところやないか!!


家族におみやげを買って帰ったところ、好評でした。











さて、13時。
ようやく佐世保を出発し阿蘇を目指す。
いま思えば、市町村別に考えると佐世保での滞在時間が今回の旅で一番長かったね。


運転は引き続きオレがすることに。
初めて通る道ばかりだけど、昼間の田舎道なのでスイスイ走れる。

今日の最終目的地は阿蘇だが、少し温泉に入りたいなーという話になったので、佐賀を経由する過程でどこかあれば入ることに。




アイマスを知らない鹿児島の友達にP側2人がアイマスの楽曲を流して刷り込みながら、佐賀県内を進んでいく。


「宮崎の風景とあんまり変わらないなー」

「なるほど……それはつまり、いなk……」

「そういうことや!」


のどかな場所を、東へ東へ進んでいくのであった。
(ちなみにこの「そういうことや」は、うちの教授の口癖である。此度の車内で皆が多用したところ、口癖が危うく移りかけた……)








● 佐賀ぽかぽか温泉(佐賀市)

15時頃、佐賀市内に到着。

画像

まずは旅の疲れを取るべく、スーパー銭湯の「佐賀ぽかぽか温泉」へ。


ぶっちゃけた話をすると、これが旅の出発以来初めてのお風呂(車中泊だったので)。
2日分の疲れと汚れを洗い流し、広々とした温泉に浸かる……こりゃたまらんのう……。


見た感じ、まだ新しそうな建物だった。
中には大浴場の他に、樽湯、露天風呂、サウナ、塩サウナ、ジェット風呂、寝湯……なかなか豊富なバリエーション。

値段は大人690円(非会員)と、そこら中に銭湯がある鹿児島民からすると割高感があり、入湯前は3人とも「えっ!」となったのだが、
設備が良く、キレイで使いやすかったし、街の中にある(隣がゆめタウン)好立地でもあるので、温泉を出るときには3人とも大満足。お金出した分の価値は十分あったね。


そんでもって、なんとこの温泉に…………2時間以上も浸かっていた!
個人的には、風呂なんてものは「パッ!と入ってパッ!と出る」と言っているくらいで、本当にただ身体を洗い、2、3分ほど湯船に使ったらそれで終わり、というのが普段の感じなので、今日のような入浴は珍しいこと。というか、多分前例がない。


この温泉で特に良かったのは「寝湯」だね。初めて見たけどこれは良い。
外の露天風呂の隣に、高さ1cmほどの湯を張ったスペースと頭を置く石があり、そこに仰向けに寝転がるという風呂。
要は尻や背中の側が温もる、ある意味の「半身浴」だ(笑


これがメッチャ心地良かった。屋外(屋根はある)だから、適度に吹いてくる風が気持ち良い。
宮崎の友達の実家以来、久々に身体を伸ばして寝られた(車中泊だったから夜は少し身体を折りたたんでいた)から、特に良かったね。

少しウトウトしながら、寝湯を楽しみました。
(ちなみに後でも書くかもしれないが、ここでガッツリ寝てしまった宮崎の友達は、この後少しカゼをひいてしまったのであった……)




最後はやはり、風呂あがりのコーヒー牛乳で「ぶっはぁああーーーっ!」ですね!
オレの定義では、これを飲み終わるまでが「銭湯、温泉に入る」です!









※ 今更だけど、「宮崎の友達」「鹿児島の友達」って長いので、以降は省略して「宮の友達」「鹿の友達」、あるいは「宮」「鹿」と表記しますね。




● ゆめタウン佐賀(佐賀市)

近くのスタンドで1回目の給油をした後、目の前のゆめタウンへ。
(何気にまだ1回目の給油ってのも、なかなか凄い。燃費良いなぁ……)


「旅行でゆめタウンかよ!」というツッコミが聞こえそうだが、実は愛媛や南九州には無い。
オレも昔広島へ遊びに行った時に見かけたくらいで、入ったことはないし、友達2人も知らないので、オレら3人にとっては物珍しいのだ。


知らない人のためにどういう施設か説明しようと思ったが、それは入店後に友達が言った「あー、イオンと同じような感じだね」というツッコミに集約されているので割愛する。(要はショッピングモールです)



まずはトイザらスなど、あちこちと店内をうろつく。
いやー、おもちゃ屋さんってもうこの年じゃ入ること無いから久しぶりだったんだけど、最近のおもちゃって……凄いね。

ラジコンは車やヘリなどに加えて、今やカメラ付きのマルチコプター。
ロボットはただ動くだけではなく、話しかけると今日の天気や、料理のレシピを教えてくれる。
地球儀もただ地図が貼ってあって回るだけではなく、専用のペンで場所を押さえると自分のスマホに押された場所の情報が転送されてその国の情報が表示される。


「「「……最近のおもちゃ、ヤバイな!!!」」」


技術の発展、とりわけIT革命がもたらした産物である。

オレが子供の頃でも、じいちゃんばあちゃんが「最近のおもちゃは凄いねぇ」って言っていたものだが、それを今度はオレたちが言うことになるとは……。時の流れと技術の進歩を感じるね。

3人で唖然としながら、見て回った。






この後は、何となくゲーセンの「ナムコランド」へ。

「「ナムコや!」」

宮の友達とオレがすかさず反応してしまうあたり、やはりアイマスの沼にズブズブなのかもしれない。
(アイドルマスターはナムコ(今のバンダイナムコ以下略)の製品)

ただ、シンデレラガールズの一番くじをやっている以外には、特にアイマス関連の景品は見当たらず、少し残念に思う2人であった。


そんな中、鹿の友達は何やら筐体(UFOキャッチャー)の中身をジッ……と見ている。
景品は「あらいぐまラスカル」のぬいぐるみ……どうやらこれに惹かれてしまったようだ。


「ちょっとやってみようかな」


――オレはこの瞬間に第六感が働いた。

「この男は、散財して、結局この景品は………………取れないッッ!!」と。


しかし、やる気に満ち溢れている目の前の男を止める勇気はオレには無かった。そのオーラに気圧された。それに、困難に対し果敢に挑戦しようとするこの男を止める必要がどこにあろうか。
男には、無謀だと分かっていても挑まねばならない時があるのだ。多分。



そこから鹿の友達は、何度も何度も……挑戦して……店員を呼びアドバイスを仰ぎ……挑戦して……挑戦して……アドバイスを仰ぎ、挑戦して…………




「んぐぐくっそぉおお!」




オレが店内を1周し「まあ、特に欲しい景品はないな」と、結局1銭も使うことなく戻ってきたところ、
いくら使ったのかは知らないが(むしろ聞くのが恐ろしい)、そこには大変悔しそうに雄叫びを上げている友達の姿があった――。




しかし、良いのだ。これで勉強になったはずだ。
彼はこの旅を通じて、また1つ成長したのであった。











……それはともかくとして!


先ほどの温泉を上がった時点で既に17時を過ぎていたので、今晩はここで夕食を済ませることに。

今回は1人1票、店を選択し、ジャンケンで決めることに。
候補は天ぷら専門店(鹿案)、パスタ屋(宮案)、和食全般の店(俺案)の3つとなった。
(宮の友達のパスタ案は、ただの場荒らしである。後談。)


結果、なんと珍しくオレが勝利。勝った本人もビックリしたわ。
(大学時代のオレは、ジョイフルの「水を持ってくる人を決めるジャンケン」で十数連敗するほど弱かった)


ということで和食の「一汁五穀」へ。
この店自体はチェーン店なので、鹿児島にも愛媛にもあるのだが、個人的には初めて。

宮の友達はお気に入りの牛タン定食、鹿の友達は天ぷら、オレは焼き縞ほっけ定食を注文ということで、結果的には各々の希望が叶ったのであった。



そういえば……ほっけを食べてて思い出した。
オレが大学1年の時、行きつけのスーパー(タイヨー)で、確かこの冬の時期に「焼ホッケ弁当」というものを売っていた。
それが美味しくて、シーズン終わりには「また来年も食べよう」と思っていたのだが、結局その後見かけなくなってしまったのだ。
また食べたかったな……。



おっと、つい余談が。

この後は、続くドライブに備えお菓子と飲み物を購入。
スタバのカフェラテを座席横にセットし、21時か22時頃、引き続き阿蘇へ向けて出発した。

















● 道の駅大津(熊本県大津町)

暗い夜道を走ること、確か2時間半くらい。
阿蘇の手前、熊本は大津町の道の駅へ到着。


遅い時間だったこともあってか車の通りは少なかった。
ナビが山奥の道ながらちゃんと2車線の道を示してくれたので、知らない道でありながらもスイスイと走れた。


ちなみにこの移動あたりから、宮の様子が怪しかったのかな。
この後向かう大津までの道中はずっと、後部座席で横になっておやすみしてた(笑


一方のオレは、スイスイ走れるとは言うもののやはり知らない道なので、運転には多少の緊張感がある(良いことではあるが、身体にはマイナスである)


しかし、その緊張感も国道57号へ出たその瞬間にフッと消えた。


「よーし。もうナビええわ。電池食うやろ」


助手席の鹿にオレのスマホを渡し、ナビを頼んでいたのだが、それを止めさせた。
というのも実は、57号線は愛媛の実家に居る頃、鹿児島の祖父母の家へ遊びに行く時によく使っていた道。
最近は東九州道の開通で宮崎周りで鹿児島へ向かう機会が多くなり、使う機会は無くなってしまったが、まだまだ当時の記憶はバッチリ。


それと何より、ずっと画面点灯、GPSも常に作動してて、電池の消費が激しいんだ……。



この後、0時半ごろに大津の道の駅へ到着。今晩はここで車中泊だ。

……本日の旅程はこれで終了です!
















ということで、今日は長崎の佐世保から熊本の大津まで移動。

明日は、まず阿蘇に向かい、その後は当初の計画(夏休みの日帰りドライブ)で目的地であり、今回の旅唯一最初から決まっている目的地の「高千穂峡」を経由し、大分の別府へ泊まる予定。

3日連続の車中泊はさすがに無いので、別府ではどこか宿に泊まることになった。




今日の総括としては……

佐世保を出てからは、今日は特に観光地などに寄ることもなく佐賀まで辿り着いたわけだが、
やはり温泉で何時間も過ごしたこともあって、かなりのんびりとした1日だったと思う。

旅行には、時間のゆとりが欠かせませんね。
……もっともオレらの旅には、「何時にここへ!」という計画もないので、今回の旅自体がのんびりなんだけどね!

佐世保バーガーやカステラなど、グルメも堪能できたし、長崎や佐賀といった初めて訪れる土地を見ながらドライブってのも楽しい。
(一応福岡県もかすったよ) 



今日で日程的にも位置的にも折り返し地点だが、思ったよりも良い感じに進行している。

このまま、あす、明後日も楽しもう。


では、次の記事へ続く……(書き終わり次第掲載します)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Twitter

九州1周ドライブ(2日目) 何気なくない普段の出来事(ナニデキ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる