何気なくない普段の出来事(ナニデキ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ラジオのイベントに参加!(FIVE STARS FESTIVAL 2016)

<<   作成日時 : 2016/06/26 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いつも聴いてるラジオのイベントに参加!!
生で見られるだけでもお腹いっぱいなのに、当たり前だけどトークもライブも聴ける……
夢の様な一日でした!


たまに話してたかもしれないけど、平日20時台に文化放送(超!A&G+)から配信されている「FIVE STARS」というWebラジオがありましてだな。

そのラジオのイベントに行ってきましたよ!!



いやー、チケット取れたのもギリギリでした。

まずは、チャンネル会員先行抽選販売。その時はまだ会員じゃなかったのでそもそも応募権利が無い。
次に、非会員も含めた抽選販売。こちらは応募したものの落選。

そして最後は、先着順の一般販売。


販売開始と同時に電話を掛けるも、弾かれ、再度かけ直すと「受付を終了しました」というアナウンス。

それでも……と思い、かけ続けたところ、キャンセルが出たのか無事に申し込み完了!



そして、当日の今日である。

今回はFIVE STARS単独としては記念すべき初めてのイベント。
昼の部と夜の部があったが、昼の部に参加。



後で聞くところによると、結構昼夜で内容が違っていて、両方参加の人も楽しめたと言ってましたね。


さてさて、簡単ではありますが感想を綴って参りますぞ。すんすん ← 






「A&G NEXT BREAKS FIVE STARS」
→新人声優5人がパーソナリティを務めるラジオ番組(ネット配信なので動画付)で、平日20時〜21時に生放送。
ニコ動のFIVE STARSちゃんねる(有料)では、21時から10分程度のおまけ番組も配信されている。
昨年4月にスタート。今年で2年目。

パーソナリティは、
・月曜 黒沢ともよ
・火曜 深川芹亜
・水曜 田中美海
・木曜 松田利冴
・金曜 吉田有里 (敬称略)




さーて。

物販が12時開始ということで、12時前に会場へ到着。

すると既に待機列が。正午前の時点で100人くらいいましたね。


物販では、パンフレットと缶バッジをゲット。

パンフレットに付いてくるブロマイドは、水曜担当のみにゃみ(田中美海)でした。
可愛い。さすがFSのセンターである(曜日的にも)


そして、缶バッジのガチャガチャはとりあえず1回。
こちらは金曜担当のゆーきち(吉田有里)でした。



どちらも満足である(全曜日聴いてるので、どれが出ても個人的には当たりなのだ 笑)






この後、13時半に開場。
円形の会場。ステージと平行して横並びに列が10列ほどある。
2階もどうやら客席のようだ。そして後ろには機材席と関係者席。


座席配置が文字だけだとわかりにくいと思うので、今回の会場である「クラブeX」のHPを見ていただきたい。
(参照:「フロアマップ|クラブeX|品川プリンスホテル」)

これの「レイアウト1」のような形ですね。
(ちなみに、円周上にも注目してくださいね)



さてさて、チケットには1階のN席と書いてある。が……、あれ?




(N列が無い!!)



アルファベット順に前からA、B、C……なのだが、おかしい。最後列が確かJあたりだったんだけど、じゃあNは一体……。

2階?……いやでもハッキリと1階と印字されてる。

このフロアの周りにある、壁の繰り抜き部分の座席(先程の参照で示した座席図を見ていただくとわかるが、円周上に白い座席マークがあるのがお分かり頂けるだろうか)。これは……関係者席って書いてあるし。





スタッフに聞いてみた。


「ああー、これですね。会場の周りの、まあ、壁の部分ですね。あそこがN列です」


ええっ!関係者席じゃなかったのか!?


よく見ると、ステージと対面する部分が関係者席で、側面部分が普通の客席となっているようだ。
確かに、何人か明らかに関係者ではない一般のリスナーさんが座ってる。



というわけで、イスは程よくふかふか、テーブルもあり、若干座席位置が高くなってるからステージもよく見える(多分通常の座席部分は前から後ろまでフラットだから、後方とかだったら見えにくかったかもしれん)


若干、閉鎖空間になるので、会場の真ん中にいるリスナーさん達との温度差は正直否めないのだが、これは見やすくて良いな。








しばらくパンフレットを眺めながら待機していると、開演時間前ではあったが、スタッフの大野氏と羽鳥氏が登場。

なるほど、前座か。
しかしこの2人のコント、面白かった。結構テンポ良かったし、知らない人が見たら普通に「芸人さん出てきた」って思うかもしれないレベル。

まあ、「バードさーん、大好きーーー!」って言わせたのは職権乱用も甚だしいが(笑





そして、14時。開演……!

過去の放送映像が流れたのち、出演者が登場。


最初にともよちゃん(黒沢ともよ)が出てきた瞬間は、

「ふわぁっ……本物……?本物だよな……!!」

という、我ながらベタな反応を心の中でしてしまった。



さいごにゆーきちが出てきて整列したあたりで、「本物やーーーー!!!!」ってなって、急に興奮の度合いが強まった。

書き忘れたけど、5人とも、生で見るのは初めてですよ。


ちょくちょく聞いてたけど、芹亜ちゃん(深川芹亜)って本当、思ったより背小さいんやな(←こら

でも本当皆さん、可愛いというか、なんというか……。




そういや組長(金曜メンバー陣は「吉田組」と呼ばれ、というか名乗っており、その組長がゆーきちである)の私服は、久々に見たかも。
いつもはユニフォームだからね。あとは、みでしニコ生の時は制服かパジャマだったし。

せいぜいブログで見る程度だったので、私服が見られた、しかも生で、これはなかなか大きいですよ。





もう、生で5人の姿を拝見できたこの時点で大満足である。
ここから1時間か2時間見られるなんて、夢ですかこれは(←今まであまりイベントに参加したことがないので、全てが凄く新鮮なのである)








ここからは、記憶のある範囲内で一言ずつ感想。

《FSメンバーおよびスタッフの質問タイム》
・ともよ様、ヒールで反復横飛びをこなす

りっさん(松田利冴・木曜担当)の「反復横跳びが見たい」というリクエストに応えた形。
でもまさかその厚いヒールで反復横跳び(しかも思ったより早い)するなんて……

「ありがとうございましたーーー!(ステージから立ち去ろうとするともよ)」

「「いやいやいや!待って待って!」」

そりゃ、一仕事終えた感ありますわ。




《パーソナリティに関する(スタッフが勝手に決めた)ランキングを当てるコーナー》
・センブリ茶の量の違いを見分けて当たりを引くゆーきち
 罰ゲームに、間違えた人数分のせんぶり茶が出てくる(当たり分は美味しい飲み物)のだが、ゆーきちが「これだけ他の4つと量が違う」と見定め、見事当たりを引いた。


ラジオの「ゆーり頑張れチャレンジ」でやってきた不正(ルールの穴を突くとも言う)が、ここで活きるとは……。
金曜を聴いている人にとっては「やはり不正か」と思った瞬間だったことだろう。


ちなみに、みにゃみの「う゛ぇっ」という反応も面白かったし、なにより……


堂々と飲み、丁寧にカップを返すともよ様の貫禄よな。何なのあの子……(笑)




《(会場の皆を)ふリンクス》
・画面に出されたセリフをリスナーが読み上げパーソナリティに告白するという企画なのだが、パーソナリティがリスナーを振るという企画でもある(むしろ後者がメイン)

一応スタッフが音頭を取ってくれたのだが、真剣なBGMの中で始まるスタッフの「はいはーい」というナレーションで笑いを抑えきれないリスナーたちであった。


みにゃみの「でーもねーわたーしはー ランサーが好きなのー」という返しは正直うめぇなと思った。



《その他メモ》
・芹亜ちゃんが美しいという話に関して

りっさん「せりあちゃんをおかずにしてご飯を食べると良いよ」

会場「!?!?」

ゆーきち「下ネタだと思った」

会場(同意)



シモい意味で言ったのではないと分かってはおっても、りっさんからそういうセリフが出てきたのは衝撃的であったぞ。驚いたぞ。








他にもいろいろあったね。

ゆーきちとりっさんのコンビが良かった。
特に序盤、結構絡んでたけど、微笑ましいというかなんというか。


序盤と言えば、ゆーきちのスイッチの切れ方面白かったな。

実は、他の人が喋っているときにチラッとゆーきちの方を見たタイミングがあったんだけど、確かに切れてた(笑
こういう生イベントだと、喋っていない人の表情も見ることが出来るから面白いよね。




他には、三馬鹿トリオせりあみにゃみりっさん。

あれはまあ、現役学生じゃないから仕方ない面はあるわな。
……ん?あれ、芹亜ちゃんって確か(それ以上はいけない)













トークパートの感想も書いてたらキリがないのでここで切ろう。


トークパートが終わると、テーマ曲の収録風景を撮った映像が流れた。
普段はラジオでワイワイやってるところしか見てないから、仕事モード(ラジオも仕事だけど)の皆さんを見ることが出来たのは新鮮だった。
真剣な表情も垣間見ることができて、正直ドキッとしたな。

ゆーきちの「よし!だいじょーぶ!」を原曲通りに歌うところと、誕生の瞬間と、あそこが一番良かった。会場もざわついてたね。



メイキング映像の後は、紙芝居作家芹亜のコーナー。

火曜コーナーでは当然ながら全部芹亜ちゃんが喋っていた紙芝居だけど、今回は間島さんのナレーションとご本人の声が付いてて豪華に。


りっさんの「我は松田利冴!……こっちの松田は「我」とは言わないのだが」という小声の解説、良かった(笑
確かに一人称は「松田」、二人称が「我ら」ですもんね。




そして、もしやもしやと思いながら見ていたけど、

紙芝居がステージに立つ5人の後ろ姿に切り替わったところで……














そのままライブパート入ったぁああああ!

黄色いいつもの衣装。だが生で見るのは初めて。こ、これは、かわいい!!


1曲目は「無限大の未来へ」

そして2曲目は初披露の「Twinkle Collector」でした。


もう感動だねぇ。途中からコールを入れるのを忘れて、両手を胸の前で組んだままジーーーッと見てましたよ。

後で考えたら、私は恐らく、完全に「娘の晴れ舞台を見守る父親」の表情をしてましたな。



普段画面の向こうで話している人が目の前で踊ってんだぞ!そりゃあ「頑張れ……!」って気持ちになるわな!
おまけに、オレの座席位置もまた、結局のところ関係者席と同じ座席種だからねぇ(笑





1曲目の「無限大の未来へ」では、
生の「よし!だいじょーぶ!」が聴けたのがやはり大きいですね!組長さすがッス!


他には、芹亜ちゃん!
タイミング間違えたところの「ごめんなさいぃ///」が、イベント後の放送で「斬新だった」と早速イジられてましたけど、それはおいといて。

ティンクルのソロを堂々とバッチリ歌いきったところはゾワッとしましたよ。
やはり、人が頑張っている姿を見るのは感動しますねぇ。



ゾワッとしたといえば、りっさん。

確か「ジャーニーー」のとこだったと思うんだけど、顔の前で手を広げ左右にずらすあの振付が、メッッッチャ格好良かった。

(ちなみに歌の後、リスナーさん達のリクに応え、ダサいバージョンの「誰も知らないジャーニー」も披露されてました)





もう盛りだくさんすぎてキリがないので、この辺でやめるけど、

いやー……お腹いっぱいじゃぁ……。


15時40分、終演。










あとがき。


イベントって良いですねぇ。
FIVE STARSのリスナーさん達も、パッと見た感じは、悪目立ちするような人もおらず良い人ばっかりだった印象でした。



それにしても、スターリンクスのBGMとか、番組開始・終了の定型文(「そろそろお別れの時間です」とか)が生で聴けたのも不思議な気分。
りっさんの生「すん」や「おやや」も、良い。




終わった後は本当、感謝カンゲキ雨あられ、感無量で表情が緩んだまましばらく戻らなくて困りましたよ。割とガチな話。

会場出るとき、1回だけと決めていた缶バッジガチャを、勢いでもう1回まわしました!
ちなみに今度は芹亜ちゃん!良いねえ!

こうなると全員集めたくなるのが、このガチャガチャという仕組みの怖いところよな(笑







というわけで、大満足の1日でした。

ぜひぜひ来年もやって欲しいですねぇ。「2016」とタイトルに銘打っているということは、期待して良いですよね?



今回のイベントでより一層5人のファンになった気がします。いや、明らかになりました。
番組も長く長く続いて欲しいですね。


毎週、仕事を終おえて帰宅後の日課となっている、FSの聴取(というか視聴)。
今後も、番組がある限りこの習慣は続いていきそうです。



画像

(物販で入手したパンフと缶バッジ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Twitter

ラジオのイベントに参加!(FIVE STARS FESTIVAL 2016) 何気なくない普段の出来事(ナニデキ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる