何気なくない普段の出来事(ナニデキ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 唐揚げに溺れた男のお話(デカ盛り唐揚げ丼レポ)

<<   作成日時 : 2016/09/25 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

どれだけ好きな食べ物でも、食べ続ければ胃袋の限界というものが必ず来る。
今日の昼食は、それを実感した。
唐揚げ、きた。







……晴れた!!

久し振りの好天である!これは外に出るしかない!身体が外に出たいと言っている!
(ゲームとかアニメとかのイメージで、休みの日は部屋にこもってるイメージがあるかもしれないけど、結構外に出るの好きなんですよ)

というわけで、無難に近くの街へ出てみた。


今日は、アニメイトで予約していたアイマスPSのCD「僕たちのResistance」を買い、昼食を食べ、献血をし、自転車屋で自転車を見て帰る、よし!この流れで行こう!




予定通りアニメイトでCDを受け取った。
今日も、いつもの優しい男性店員さんがたまたまレジにいたのでラッキー。

良い店員さんに会計してもらうと、良い気分になりますよね。






アニメイトでの買い物も終わり、隣のゲーマーズでアイマスの一番くじを引き(どんだけアイマス好きなんだよ)、春香のブロマイドセットを入手したところで、


さて、お待ちかねの昼食。

やってきたのは駅前のとある居酒屋。
ここのランチに、以前から少し気になっていたメニューがあるのだ。


オレが好きなものが、たくさん食べられるのです。

早速見てみましょう。こちら…………
























画像


から揚げきたああああああああああああああッッッ!!!!


で、お気付きかもしれないけど、これ……丼なんです!
デカ盛り唐揚げ丼……!!



5cmくらい、握り拳(個人差はありますが)くらいの大きさのから揚げが、御飯の上に、8個、いや10個だったか?それくらい乗せられて……というか、積み上げられている。

左奥の器はサラダ、中奥はマヨソース、そして実はから揚げの裏側に味噌汁も隠れている。


で、これ。なんと並盛りである。

小・並・大盛りが選べたので、とりあえず無難に並盛りにしたのだが……思ったより多いな。


でもこれで700円だと言うのだから、安いんじゃなかろうか。







目の前にそびえる唐揚げ。
唐揚げ大好きなオレにとっては、幸せな光景である。

勢い良く一口目をかぶりつきましたね。


唐揚げの衣って、柔らかい味の染みた衣と、サクサクの食感が楽しい衣がありますけど、
これはサクサクタイプで、オレが好きなヤツ!


これだけ大きな唐揚げとなると、実は衣で かさ を増してごまかしているだけで、見た目ほど肉は詰まっていない、というパターンなのではないかとも、正直疑ったのだが、


……とんでもない。肉が大部分を占めてる!

これは嬉しいですね。
当たり前の事だけど、はじめの1個食べ終わった段階で、まだあと9個食べられるんですよ。
まだ9個残ってる!これは幸せでしょう。





しかし、これが何を意味するのか、食べ始めたばかりのオレは気付いていなかった。












10分後――


(やべえ……苦しい……っっっ!)



半分以上は食べ終わり、後4個残っている状況なのだが、
ここにきて急に箸の動きが鈍くなった。


しかも、箸休めの働きをするはずのサラダが思ったより減っている。
味噌汁も、あと3分の1か。



まずいな……。残してしまうか?

……いやいやいや、お金は勿体無いし、店にも悪いし、何よりここで残して店を出ると


男として負けた気がする!(出た、男の変なプライド)




ここからはもう、食事というよりは戦いだった。


残り2個半あたりからは、ついに箸が止まる。

箸休めに残り少ないサラダを、ん……水菜の茎か。茎が2本葉っぱが1枚、果たして箸休めになるのかどうか分からない程度のささやかな野菜を口に運び、唐揚げ1個の4分の1ずつ食い進めていく。


マヨソースの器も、今やそこにマヨソースはいない。衣のカスが転がっているだけである。




残り2個。

サラダも底をつき、残るは味噌汁とジョッキの水。

なるほど、最初に水がジョッキで運ばれてきたときは「水をジョッキとは面白いなこの店」と思っていたが……
今となっては全然面白くねぇ……!むしろありがてえ……!

しかし飲みすぎるとこれまた腹に溜まり逆効果。
肉よりも水分を欲しがる己の食欲を抑えながら、肉を少しずつ食べていく。


時折、肉から染み出して口の中で広がる肉汁攻撃には、すぐさま味噌汁。

口の中が味噌汁の甘さで満たされると、不思議と肉食欲が少し復活する。



これを繰り返し……







ついに残り1個。ラスボス。

こいつ……よく見ると肉に何か引っ提げてる。これは鶏皮か……。



肉から食らうか皮から食らうか迷ったが、やはり外から攻めるべきか。
皮から食べることにした。


すると…


「ん……んんんーッッッ!!(ジュワジュワジュワ〜)」


皮と肉の間に溜まっていた肉汁、今日一番の量が口の中に流れてきた。

これをもしも最初の一口目を食べていたオレが経験していたならば間違いなく、「んんーっ。いいねぇいいねぇ!身体に油が染み渡るぞ!フハハハハハ」などと、ほざいていただろう。


いまはもう、ラスボスの最終奥義を食らわされている気分である。



しかしここまでの戦いを乗り越えてきたオレには、なぜか少し余裕があった。
この1個を食い終われば戦い(食事)が終わると考えると、その瞬間気持ちの余裕が少し生まれる。


ここまできたらラストスパートと言わんばかりに、残りの味噌汁を飲み干し、肉を少しずつ喰らい続ける。




そして食事開始から20分……


ようやく、全ての肉が、胃袋の中に入ったのであった。
























あとがき。


完食はしたものの、


(……っっっ!……っっっっ!!)


店を出てからずっと、喉の根本まで唐揚げが詰まっているのではないかと思うくらい、何とも言えない満腹感に(というかもはや吐き気か)冷や汗をかいていた。



結局このあとは、献血こそしたものの、自転車屋には寄らずそのまま帰宅した。

さすがに電車立ちっぱなしは、10分でもきつかったね。
(今思えば、ただ単に献血の後だからキツかっただけかもしれないが)



ここまでの満腹感は、以前松山で食べた二郎系ラーメンとか、四川飯店のそれこそ唐揚げ定食以来だろうか。


結局、今日は夕食は食べませんでしたよ。というか、ついに就寝するまでお腹が空かなかったね。



むむむ……完食したのは良いけど、明らかな食べ過ぎですね。

「試合に勝って勝負に負けた」とは、このことですか。







でも……ただ多いだけでなく、たしかに美味しかったので後悔はない……!
(久々に揚げたての、しかも肉ギッシリで肉汁ジューシーな美味しい唐揚げを食べられたので、割と本当に食べて良かったと感じています)




で、でも、こんどはデカ盛り唐揚げ丼以外のメニューにしよう。
しばらくもう唐揚げはいいです(とかいいつつまた買うんだろうな……)



そういや今日行った居酒屋のランチメニュー、唐揚げ丼以外にもいろいろ種類があったな。
海鮮丼が気になるので、今度食べてみるか……!


食べたらまた書きますね。





というわけで今日は、唐揚げに心を奪われ、唐揚げに身体を支配され、唐揚げに敗北したという話題でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
立川のひなたかなたですね
確かマヨネーズやポン酢は言えば足してくれてたような…
食べきれなければその分は持ち帰りオーケーですよ
次回があれば参考にしてください
通りがかり
2016/12/13 15:52
>通りがかり さん
そうです!ひなたかなたです。
食べるのに必死で頭が回っていませんでした(笑
参考にしますね。ありがとうございます。
なにびと(管理人)
2017/01/09 18:02

コメントする help

ニックネーム
本 文

Twitter

唐揚げに溺れた男のお話(デカ盛り唐揚げ丼レポ) 何気なくない普段の出来事(ナニデキ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる