何気なくない普段の出来事(ナニデキ)

アクセスカウンタ

zoom RSS バトガフェス「大神樹祭」に参加!

<<   作成日時 : 2017/01/08 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

兄の誘いで、バトガのイベント「大神樹祭」へ!
生アフレコにライブ、特訓、アドリブ、女・原田ひとみの暴走……
全体的にフリーダムで楽しいイベントでした。





今日はバトルガールハイスクールのイベント「大神樹祭」に行ってきた。
兄の誘いで、昼の部、夜の部両方の公演へ!

キャストも豪華、以前ハマっていて最近再び少しだけ復帰したゲームのイベントということもあって、楽しみにしていました。
(出演者:洲崎綾 / 佐倉綾音 / 東山奈央 / 内山夕実 / 田村睦心 / 五十嵐裕美 / 木戸衣吹 / 内田真礼 / 原田ひとみ / 本渡楓 / 下地紫野 / 上坂すみれ / 加藤英美里 <敬称略>)




昼前に、会場の舞浜アンフィシアターに到着した時には既に長蛇の列。
どうやら物販の待機列らしい。

画像


この中に兄もいるのだが……残念ながら物販コーナーにたどり着く前に、昼の部開演時間が迫ってきてしまい、結局買えなかったとのこと。
正直な話、バトガがここまで人気だとは思っていなかったので驚いた。


この時の気温は5℃。冬の風も吹く寒空の中、生徒の公演を心待ちにしながら、ほとんど動かない物販の列にジッと並び続ける先生方。
お疲れ様でした……。
(正月暖かかった反動もあってか、並んでおらずある程度動いていたオレでも本当に寒かったです)









さて、昼の部公演。

兄は物販のため、一足先に先に会場へ。

入ってすぐ目にとまったのは、フラスタ。そして……

画像


歴代☆4カードを展示したパネル!
ただ、オレが最初に手にした☆4の「【チアガール】ゆり」が何度探しても見当たらないので、どうやら全部ではなさそうだ。
すごい数……こんなに出てたか。




一通り観終わった後は、座席へ。
何と一番右端!しかも最後列に近い後列。

ただ、それでも結構ステージが近く見える。前後の座席も高低差があるので、前の人の頭で被ることもなかった。




そして、予定より少し時間が遅れて昼の部がスタート。

オープニングの映像が流れ、聞き慣れたテーマソング「Believe」が聴こえたかと思うと、歌いながら出てきたのは洲崎綾さんだった。













ここからは簡単なまとめ。
構成には、ほぼ違いは無かったので、昼の部と夜の部を比べながら感想を。「構成には」ね。


●生アフレコ(ドラマ)のコーナー

やっぱり声優さん地の声がスッとキャラ声に変わるところが生で聞けるってのは良いね。
今回、昼の部と比べると、夜の部のアドリブの強さが半端なかった。

うらら役の内田真礼さんが、お化けの声を強烈に効かせたのをトリガーに、他の声優陣もアドリブを盛々に。
個人的には、あんこ(声・夕実さん)が褒められたときに発する「んなっ……!」が好きです(笑

夕実さんといえば、もうね、公演の最初の自己紹介で出てきたときから既に声があんこになってて、
何というかあの今にもアクビが出るんじゃないかと思うくらいの、怠そうな声。
あれが聴けただけでも、良い……!


他には、先生方にペンライトを赤色にさせて、共にドラマを進めてもらおうという場面。
あそこのキャスト陣のやり取りも面白かったですね。

(赤色を廊下の汚れに見立て、それを先生方が掃除していくという設定。
最初に赤ペンライトを掲げた状態にし、ウェーブ(ただし降ろしたら上げない)の要領で赤色を消していくという段取りになり、実際にそれは成功。
ただ、所々に汚れが残っている(赤のペンライトを降ろしていない)部分があるのを見つけた、キャスト陣のコメント)


 原田さん(心美)「なんだか、自己主張の激しい汚れがありますねぇ……」

 上坂さん(ゆり)「まあ、どこのイベント会場にも、そういう人たちは居るものだ!」


さすがすみぺ……この開き直ったコメント。
毎年数多くのイベントやライブに出演されている声優だけありますね。


ドラマ自体の内容で笑ったのは、ミミののっぺら坊。あんなん笑うわ!
キャスト陣が笑いをこらえているのもまた良い。







●ライブ

Chuuuuu*Lip(*はハートマーク)の「わたしたちのスタートライン!」、
Tiaraの「ハートの軌跡」、

そして、f*f(フォルテッシモ)さんのライブコーナーですね。
他のキャストが1曲、あるいは今回歌わなかった(最後のBelieve除く)方もいたので、まさかフォルテッシモが3曲全部歌うとは思わなかった。

曲順は、Deep-Connect、Decision、Desire Link。


実は、フォルテッシモの2人がゲームに出るようになった頃、ちょうど私は大学の卒業や引っ越し、上京もあり忙しい時期。
そのため、その時期あたりからストーリーが進められておらず、この曲を聴いたのはこのライブが初めて。

曲にのれるか心配だったけど……いやぁ、魅了されましたね。
Decisionは聴き入ってしまい、ペンライトを動かしていた手がいつの間にか止まっていました。
(個人的、ライブのシットリした曲が来たときあるある、今年も早速発動である)


2人とも、特に下地さんはさすがの歌声。
最近だったかな?歌手としてソロデビューされているだけありますね。


あと、最後にひとつだけ。振り付けで1つ印象的だったところがあって。
サビの「重なる自分に」のところ。あそこで2人がすれ違うところが妙に印象的だった。











●特訓のコーナー

キャスト陣がランニング(足踏み)、ダンス、素振り、なわとびをするコーナーです(笑


「特訓だからそれなりの格好を」と意気込んで、上下スポーティーな格好にスニーカーで出てきた、あやねるのガチ格好。
対して、他のキャストの格好がそんなに変わっていない。
特にすみぺが、ひらひらのスカートのまま出てきたのを見たあやねるが面白かったね。


あやねる「なんだその格好は!そんなっ、ミニスカートで……っ!!(ぐぬぬ)」



あとは、罰ゲームの告白ゼリフ披露が先生方じゃなくて、キャスト陣が一番堪能していて羨ま……じゃなくて面白かったですね。
(独りで喋るのは恥ずかしいので、前に先生に見立てたキャスト1人を座らせて告白ゼリフを喋るという形になった)


あと、その場面で原田さんが思いっきり下地さんの身体を抱きしめていたのだが……ガチ過ぎて下地さんの腰がエグい角度に曲がっていた。
大丈夫だっただろうか。


一旦、今回の原田氏の様子をここでまとめておこう。

・舞台上で他のキャストに抱きつく
・他のキャストに引き剥がされてズリズリと後退する
・舞台袖(映像はスクリーンに映っているので先生方が観ている)で他のキャストの乳を揉む
・グッズ紹介に使うTシャツを服の中に忍び込ませ、巨乳になった乳を揺らせながら登壇する。ってかお前もう詰める必要ないだろ!
・生アフレコのコーナーで「パイポジ」を連呼する(しかも心美の声のまま)
・縄跳びにて、「巨乳に縄跳びは疲れる」と堂々と言い張る
 →司会の田村さんが「私にはわからない」と言いながら須崎さんの方をチラチラ見る
 →「何で私の方をチラチラ見るんですか!」と突っ込む洲崎さん
 →「私たち仲間だね」と言いながら、そこに更に加わるなおぼう
 →チーム貧乳結成
 →何故かあやねるが入ろうとする。いや、あなたはダメでしょ。
 →すみぺも加わり、わけが分からなくなる
・Tシャツの首周りが大きすぎて肩出しになっていることには、もはや誰もツッコまない

覚えているだけでこれだけあるということは……お察しください。
さすがだよ……。凄いよ……。


ちなみに、終演後の本人のツイートがこちら。


このたった3文字で伝わってくる、今回のイベントの感想であった。








最後は、1人ずつのあいさつの後、再び「Believe」。
今度は全員での歌唱となり、盛り上がったところで公演終了となった。


何だかんだ、この曲が一番盛り上がりますね。




というわけで、昼の部と夜の部両方観てきたわけですが、

今回一番の収穫はやはり、「またバトガに復帰しよう」と思えたことですね。
先に書いたとおり、去年の春あたりからほぼ半年、プレイしていませんでした。

ただ、今回実際にバトガのキャストの方を直接拝見し、トークを聴いていると、また興味が湧いてきました。
特に「闇落ち詩穂」の話は気になりますね。個人的には、見方によってはネタバレされたとも取れますが、それ以上に「あの詩穂が?」と思い、一番気になるところ。


また、2月には新しいストーリーも始まるということで、ますます興味深い。
そして何より、今年夏のアニメ化。長らく音沙汰なしの状況でしたが、しっかり準備を整えられてから放送しようとしている、そのように信じて前向きに待っています。



未だに「【チアガール】ゆり」を使うことが多い私。
初めて手に入れた☆4カードということもあって、どうも愛着があるらしい。

ただ、会場のパネル展示を観ていて、他にも魅力的なカードは出ているようですので、もう少し様々なキャラを使おうと思います……(笑



今は社会人なので大学時代ほどのやり込みは難しいですが、
自分のペースで楽しみながら、今後も「先生」としての仕事を続けていきたいところです。




音響ミスなど、少しトラブルもあったイベントではありましたが、
次に行われるであろう、そう期待して待っているイベントにて「前のイベントのあの場面は大変だったねー」などと笑い話になって、再びキャストの皆さんに会えるのを楽しみにしています。
(でも、夜の部の選曲ミスで、とっさに花音役の本渡さんが「ちょっと!音響!」って、花音声でツッコミ入れているのはさすがでしたね!)




イベントに参加された生徒の皆さん、先生方、お疲れ様でした。

何より、「友達が行けなくなったから」という理由ではあったにしろ、誘ってくれた兄に感謝ですね。
兄の財布の中身も無駄にならなくて良かったです(笑









あとがき。


というわけで新年早々、イベントに行ってきたという話題でした。

正直「先生としての仕事を続けていきたい」という字面を見て「うわぁ……」と思った方もいるかと思いますが、
どうせコンテンツを楽しむのなら、それくらい思い込むというか、ハマったほうがより一層楽しめると私は思うのですよ。


まあ、それが正解とは思いませんけどね。
オレのように狭く深くのようなスタイルではなく、薄く広く様々なコンテンツに関わるというスタイルも、それはそれでアリだと思います。

一番は「深く広く」ですが(笑




正月のあいさつに続いての、今年2回目の更新がイベント参戦の話題になるとは、こりゃあ今年もイベントの感想記事が多くなりそうです。

もちろん!前回発表した《なにでき全国制覇旅プロジェクト「何気なくない全国の出来事」》(たびデキ)
こちらも忘れていませんよ。
ぼちぼち、行き先など具体的な準備を始めねばいけませんなぁ。

他にも通常どおり、今年も日々の何気なくない出来事を更新していこうと思います。


まずは今年1年間、毎週日曜日更新を達成できるくらい、たくさんの出来事に触れて、起こしていきたいですね。



というわけで今回は、バトルガールハイスクールのイベント、バトガフェス「大神樹祭」のレポートでした。
次回更新は1月15日(日)の予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Twitter

バトガフェス「大神樹祭」に参加! 何気なくない普段の出来事(ナニデキ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる