何気なくない普段の出来事(ナニデキ)

アクセスカウンタ

zoom RSS デレ5thSSA公演2日目 出張報告(ライブレポート)

<<   作成日時 : 2017/08/13 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

致死量を遥かに超えた、メドレーからの怒涛のラスボス感溢れるセットリスト。
死者続出のSSA2日目。5thライブ千秋楽の感想です。
イエス!セレンディピティ!



●1日目の出張報告は → こちら


※ この記事は2017/8/19に掲載しました(ブログ上の日付は、ライブ当日の8/13にしています。)





《ライブ直後時点、特に印象に残っていたところを一先ず箇条書き》

・ぱるにゃす(桃華)のラヴィアンローズ、歌い方可愛い!
・PCSのラブレターきたああっ!
・響子(種崎さん)の「まーるでさくらさくーらさいた」再びイイぃ!
・響子のエブドリで息絶える。ぴにゃがじっくり見つめていたけど、凄く共感。あんなの致死量はるかに超えてる!!ぴにゃそこ代われ!いや代わって、代わって下さい!!
・種崎のあっちゃん「Yes, Serendipity.」
・6thライブ決定!ドーム!




《(記憶が飛んでるところもあって全部は書けないけど)曲順にひとまず感想等》
・熱血乙女A
今回のライブツアーで待ち望んでいた曲の1つ。ちーさま(赤ア千夏さん)は、オレが人生で初めて拝見した(数年前に鹿児島で開催されたトークイベント、同じ鹿児島出身のふーりんも居た)声優ってこともあり、鹿児島の人ということもあり、ちょっと特別な思いもありました。
そんな中、開幕まさか1発目にくるとは!一気にテンションを100%までボンバーしてくれました。

間奏の僅かな時間で会場の端から端まで全力ダッシュするちーさまは、もう


・青空リレーション
Dメロのペンライト青変も定着してきましたね。
この曲はやっぱりラスサビの「雨上がりには 虹がかかるよ(手ヒラヒラ〜)」が好きです。


・キラッ!満開スマイル
登場時、あっちゃん(種崎敦美さん)がいるのを見て少し期待したけど、期待通り「まーるでさくらさくーらさいた」のパートを歌ってくれた!
(この部分、石川公演であっちゃんが歌ってるのを見てハマったパートなんです)


・SUN FLOWER
印象的ポイントは春野さん(上田鈴帆役)の笑顔。
福岡公演のときから「良い笑顔やなー」と思ってたけど、今回もやはり素敵。
他の曲のときにも感じたけど、SSAに響くコールの圧は凄いですね。


・つぼみ
安野さんがソロで歌ってたとこ、めっちゃ聴き惚れた。


・ラブデス
やはり金子さんの動き、普段のホワッとした藍子とのギャップが大きくて見とれる


・Near to you
さっつん「あなたのそばに、って意味なんですねぇ!」←今更かいw
馬車パートは、通路サイドのPたちが盛り上がっているのを見て、4thのときを思い出しました。本当に近いんじゃよ……!今気づいたけど、距離を考えたら、間に機材スペースがある最前席よりも近くで見られるんですよね。
あと、馬車といえば種崎さんが手すりに肘付いて歌ってたのなんか微笑ましかった。


・To my darling…
髪型が幸子!再現度高くてビックリした。
竹達さんは今回はサプライズてはなく最初からのメンバー。


・ラヴィアンローズ
これも聴きたかった曲のひとつ!ぱるにゃすの、桃華のソロの舞台。本当に愛おしい……。

元々ぱるにゃす(照井春佳さん)が好きってのもあって、私が今回の出演を楽しみにしていた演者さんの1人。
3rdライブ以来久々の出演ということで、OPで「櫻井桃華役の照井春佳です」って挨拶した瞬間は嬉しかったですね。

その桃華が歌うラヴィアンローズ。
サビの「かわいく染め上げましょう」の「かわいくっ↑」て、何かキュンッと高くなる歌い方してたので、私もキュンッとしてしまった……。何あの歌い方……ぱるにゃすそんなテクニック持っとったん……、やるやん……!


・リトルリドル
いやー、これ来ましたか。今回フルで聴けたの、良かった。
でも発売いつになるんだろう……STARLIGHT MASTERシリーズって今大渋滞してるし……早く、はやく発売してくれぇ!


・One Life→PANDEMIC ALONE→Nocturne→銀のイルカと熱い風
熱いナンバーが続くこのセトリ、素晴らしい。

One Life の千菅さんの響き渡る声量、やっぱり凄い。
そしてそこからのパンデミック。会場が紅やUOで染まってたのもこれまた熱い。この曲に限ったことではないけど、400レベル(4階スタンド席)で良かったところは、会場の盛り上がりが視覚でも味わえるところですね。

なお、昨日出来ていた右人差し指のマメは、無事にここで潰れましたww
後述のメドレーもだけど、この4曲の流れもなかなか激しい。

そして、昨日に引き続き銀のイルカと熱い風。
今回の公演で完全にハマってしまったのか、最近毎日聴いてますw(※)


・Treasure☆
ラジオの曲だからライブには来ないだろうなーなんて思ってた時期もありましたw
いやはや、ありがとうございます。




《メドレーパート》
・Radio happy
この選曲はナイス過ぎる。「唯に届けー!」という演者さんの声も熱い。

・おねだり
「身に付けるもの」繋がりなのかな(猫耳、メガネ)と思ったら、なるほど、猫好き繋がりか!
上条さんが猫好きだということは、ここで初めて知ることが出来た。

・未央の風色メロディ
未央バージョンはやはり暴風になりますね(笑)
ぴにゃと手を繋いでいたのが微笑ましい。

・李衣菜のましゅまろ
こちらは李衣菜バージョン。このアレンジは本当に意外ですよね。

・拓海のCan't Stop!!
この人選は笑うしかないww
はらぼうがイントロの「ハイ!ハイ!」を完全に「オイ!オイ!」って叫んでたので、遠慮なく私も「オイ!オイ!」コールしました。
若干走り気味なのにそのままゴリ押しで突き抜けていく感じが、まさにCan't stop。
最後の「逮捕されねーぞ!!」で更にツボった。

・響子のエブリデイドリーム
画面のテロップを見て固まってしまった。来た。はい来た。これ来た。あかんやつ。死ぬやつ。
割と本気で、ビックリし過ぎて吸い込みすぎた息を喉につまらせた。こんな暴力的な「大好きだよ」はアカン。致死量をはるかに超えてる。優勝。ありがとうございます、ありがとうございます……!!

一方、その響子を見つめるぴにゃ。あんなん笑うわww でもわかる、分かるよその気持ち……!!
笑いのポイントとしても最高、エブドリのダイレクトな愛溢れる歌詞に乗せて歌う響子が観られたのも最高。
今公演お気に入りシーンのひとつです。

・ニュージェネのTrancing Pulse
今公演全体を通じて、ニュージェネとして歌った唯一の曲。
その曲にこの曲を持ってくるとは、なんつー選曲だ。
福岡の加蓮、SSA1日目の奈緒から、こんな形で蒼のバトンを繋いでくるとは……恐ろしい。
「受け取ったよ」という凛のセリフ、歓声に包まれたのは言うまでもない。



最初から最後まで盛り上がりに欠けない良いとこどりの20分メドレー。
この企画はあかん。死にますね。
でもまだこの後続くので、なんとか気を保ってメドレー最後まで聴くことができました。

お盆に死ぬところだったよ……

さてと後半のセトリはどんなかなー。








なんて、悠長に構えていた時期もありました。
メドレーが終わって一息……つく余裕なんて、用意されていなかったのです。











∀NSWER
Jet to the Future
ラブレター
情熱ファンファンファーレ
Tulip
純情Midnight伝説
サマカニ!!


メドレーコーナー後のトークパートも数分そこそこで、間髪いれずに始まった、質と量を兼ね備えた致死量を遥かに超えた怒涛のラスボスセトリ。
サマカニが終わる頃には言葉を失って完全にマネキン状態。ボーっと放心状態で突っ立っていました。

感想書きたいのですが、感覚にコールしながらただひたすら聴き入っていたのでほとんどの記憶はぶっ飛んでいきました。
ただひたすら楽しかったこと、嬉しかったこと、感動したこと、周りにつられてUOパキパキ折ってたことは何となく身体が覚えていますが。



この中で初登場のファンファンファーレは、早速フルで聴けたわけですが、
終盤の涙をそそる雰囲気は卑怯ですね。テンションも上げてくれる、なおかつ涙腺も緩ませてくる恐ろしい曲。
CDまだですか(←今公演こればっかり言ってる気がする

そして、ついに揃ったLIPPSのTulip。

この終盤の追い打ちをかけるようなセトリ。
大阪公演の終盤も恐ろしいセトリでしたが、それを超えてきましたね。

人間のテンションの限界値を見ました&体験しました(いや、超えてたか



・お願い!シンデレラ→終演
あれだけ盛り上がって十分すぎるくらい満足感を得られたはずなのに、やはりこの曲が来ると「ああ終わっちゃう終わっちゃう……」と、もうちょっとこの会場に居させて欲しい気持ちが高まります。

はっしーの「これからもー!アイマスですよー!」に少し懐かしさを感じながら、最後の\アイマスーーー!!/を周りの同僚たちと一緒に叫びました。

そして、5thのテーマ曲に合わせて演者さんが1人、2人と舞台の裏に消えていく……。


最後は、誰も居なくなって旗だけ残されたステージを、しばらくずーっと見つめながら、まさに「走馬灯ファー」な状態になっていました。

これにて5thライブツアー、無事に終演です。











《その他》
・朝井さんが以前SSAでアイマスライブを見てた話
朝井さん「3年前のSSAはお客さんとして観てて……スタンドの3階、ちょうどあのへんかな」
私&周りのP「!?(ペンライトぶんぶん)」←メッチャ離れた場所から突然指をさされて不意を突かれるP達の図


・ニュージェネは1曲だけ
オレも他の人の話からハッと気づいたんだけど、毎回ライブを牽引してきたニュージェネ、あの3人がニュージェネとして歌ったのは、SSA2日目のメドレーで歌った「Trancing Pulse」のただ1曲のみ。
ニュージェネレーションという、シンデレラの広告塔も言える大きなユニットが歌った曲数がただの1曲。
近年は、どんどん出演するキャラクターも増えていき、ユニットの組み合わせも増えてきて、いよいよ真の「誰もがシンデレラ」が成立しようとしているのかもしれませんね。
ちょっと寂しい気持ちも正直なところありますが、可能性がそれだけ広がっていることの裏付けですよね。
シンデレラガールズの未来は今後もずっと明るいですな……!


・サプライズゲストゼロのライブ
今回のツアーはサプライズゲストが1人もいなかったのが何気に驚きかも。
確かに「はやみん(楓さん)がサプライズで来るんじゃないか」と思ったのは正直なところでしたが、今回の公演を終えて思いました。

……このただでさえ死者続出のSSA公演に楓さんが来たら、全員死ぬwww


それは冗談として(若干冗談ではないのだが)、サプライズ演出に頼らずともこの盛り上がりと満足度が得られる、このSSA公演というか5thライブ。いかにその完成度が高かったかを、物語っているような気がします。



・終演後、残されたフラッグ&スタッフ陣への熱い声援
終演後、舞台に立てられたままの旗にスポットライトが当てられているのを見て、今日でツアーが本当に終わってしまったんだなぁと、しみじみ……。

同じ頃、突如「ありがとうー!」といったような大きな歓声が上がったので何事かと思ったら、
アリーナ後方の機材スペースにいるJUNGOさん達スタッフ陣にP達が「ありがとう!」とペンライトを振ってエールを送っていた。

JUNGOさん(と思しき人)も手を大きく振って応えていたので、気がつけば私もスタンド席から手を振り返してしていました。
終演後もこんな温かい雰囲気に包まれている。この出来事も、今回のツアーが成功だったことの裏付けとなりましょう。




得られたたくさんのセレンディピティを抱えて、会場を後にしました。









あとがき。


というわけで、SSA2日目も無事に終演。

やはり千秋楽公演の最終日。盛り上がりが恐ろしいほどに高まっていましたね。
ここまでの公演、UOは使ったとしても1公演両日合わせて4本程度だったので、まあ予備も入れて8本ありゃさすがに……と思って臨んだのですが……足りませんね!!

シンデレラのライブに初参戦した頃は、お徳用のUOを袋で1パック丸ごと持ってきている人を見て「さすがにそこまでww」なんて思っていましたが……ごめんなさい、あなたが正しいですね。
(ただしあくまでも、迷惑にならない程度に乱用せずに使いましょうねw)



ひとまず、これにて全公演の出張報告を書き終わりました。
ツアー全体を通しての感想も、余裕があれば書きたいですね。


さあ次は6thライブのドーム公演!!
どこのドームになるのか分かりませんが、これまた生きる希望がまた一つ増えましたね(笑

4thの円盤も間もなく発売ということで、こちらも楽しみです。



では最後に、今回公演の気持ちや感想といった感情を一言に凝縮した、種崎敦美さんの言葉を借りて締めましょう。



Yes! Serendipity!!!

ありがとうございました!




●1日目の出張報告は → こちら


※ この記事は2017/8/19に掲載しました(ブログ上の日付は、ライブ当日の8/13にしています。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Twitter

デレ5thSSA公演2日目 出張報告(ライブレポート) 何気なくない普段の出来事(ナニデキ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる